小林 修 Osamu KOBAYASHI Ph.D.
農学博士
愛媛大学 准教授
留学生就職促進プログラム推進室 副室長

1967年、千葉県生まれ。1997年、北海道大学農学研究科林産学専攻博士課程修了(博士(農学))。1997年愛媛大学農学部附属演習林助手、2005年同大学農学部森林教育・講師を経て、2009年より愛媛大学国際連携推進機構アジア・アフリカ交流センター准教授。2019年現在、アジア・アフリカ交流センター長、愛媛大学SUIJI推進室長、モザンビーク交流推進班・副班長、愛媛大学環境ESD(Educations for Sustainable Development)指導者養成カリキュラム・チームリーダー。

専門は森林ESD、樹木年輪年代学。6年間にわたるアメリカ在住経験や、ヨーロッパ諸国・ネパール・インドネシア・中国・モザンビークにおける調査活動から得た経験から、持続可能な社会づくりのためには、アジア・アフリカに共通する環境共生型倫理を基調するライフスタイルが重要だと考え、2030年までに国連SDGs(Sustainable Development Goals)を達成することを目指しながら、日本国内はもちろんのこと日本と海外の地域を直接結びつけることを通して、持続可能な社会づくりにつながる学び手法の開発とその学びの効果について実践研究に取り組んでいる。

愛媛大学留学生就職促進プログラムでは、2017年よりe-learning・eポートフォリオ・ワーキンググループ長を務め、2018年、同プログラム副室長に就任。長年の教員歴と数々の政府委託事業に携わった経験から、多角的に本プログラムの進捗状況をとらえつつ、主に学内連携の強化、安全・危機管理対策、IT面の強化を図る。

研究者リサーチマップ
https://researchmap.jp/read0189059