報告 Report学生 Students

9/10 留プロ推進室にインターンシップ生を迎えました

先日、本学で学ぶ日本人の学生をインターンシップ生として、推進室に迎えました。毎年恒例でこの時期受け入れており、今年はコロナウイルスのこともありましたが、無事に終えることができ、安堵しています。

インターンシップとしてどのようなことをしてもらえば学生にとって学びになるか、有意義な時間だったと思ってもらえるか等に重点を置き、スタッフ間で何度も話し合い、作業内容を決定しました。

留プロの取組みを理解してもらったうえで、留学生たちの受講レポートを抜き出して記事にしたり、冬季イベントについてリサーチをし、企画ミーティングに同席して大学生目線での意見や提案を出したりしてもらいました。

私たち留プロスタッフとしても、学生目線の率直な意見を聞けるよい機会となり、コロナ禍でも受講生たちが積極的に参加できるよう、授業やイベントを見直すことができました。

インターンシップ生のKさん、お疲れ様でした。
自分の学部での研究以外にも国際的な視野を広めるため積極的に日々行動し、様々な話題に自分の意見をしっかり言える学生さんでした。
これからまた別の形でも、留プロと関わってもらう機会があれば嬉しいです。
ありがとうございました!